忍者ブログ
| Admin | Res |
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[53]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85
        
   
[PR]
2017.11.20 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

        
   
at first...
2015.12.31 (Thu)
*このブログは(株)トミーウォーカーの運営するPBW【シルバーレイン】登録PC、久遠彼方のブログです。
分からない人を拒む心算は余りありませんが、読んでも分からないと思うので回れ右推奨。
シルバーレイン関連の方のコメント・リンクは歓迎致します。

--------
 このブログに掲載されている作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注したお客様(久遠彼方PL)に、
著作権は各イラストを描いてくださった絵師さまに、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
---------------------------

(このページは常に一番上に来ています。)

◆基本情報
久遠・彼方(くとう・かなた)/b00887
千尋谷キャンパス3年2組第1期卒業生
1989/09/21生まれのおとめ座
魔弾術士×呪言士
(魔弾術士×シャーマンズゴースト→魔弾術士×ヘリオン→魔弾術士×貴種ヴァンパイア→魔弾術士×呪言士)

◆来歴
大学教授の父とインテリアデザイナーの母を持つ一人っ子。
母親はイギリス人のクォーターで、彼方自身も少しだけ外人の血が混ざっている。
幼い頃から両親は不在がちで、退屈を紛らわす手段を読書に求める。
中2の冬、母親が実家から持ってきた本の中に紛れていた魔導書に出会い、能力に目覚めた。
その後直ぐに届けられた銀誓館学園からの入学書類を受け、中3で学園へ入学。
それと同時期に父親がイギリスの大学に客員教授として招かれ、母親も活動拠点をヨーロッパに移すため、2人揃ってイギリスへ。
中3から高1の間は叔父の家に転がり込み、その後叔父のツテから安く購入した平屋建ての一軒家で一人暮らしを開始。
現在も自由気ままな一人暮らしを楽しみつつ、横浜市内の私立大学情報工学科に通っている。(教育の仕事→商業科(情報処理)教師)
時折叔父にせがまれ料理を作りに行ったりしているらしい。

◆性格
大人しげな見た目に反して明るくフレンドリー、初対面の人間に対しても物怖じせず話しかけていくタイプ。
一人っ子であった為か、兄弟という関係に対して憧れている傾向あり。
表情も9割方へらりとした緩い笑みを浮かべていることが多いが、意図的に悲しみや苦しみ、憎しみなどの負の感情を抑えている。
それらを繕い笑みを浮かべるのは、最早癖の領域。
逆に取り繕えないほど大きな負の感情を抱いた際などは、底辺まで落ちることが多い。(曰く、世界が終わったような表情しか出来ない、とか)
最近は照れもどうにか隠せないものかと努力中、割と空振ってる気がしなくもない。
感情表現はストレートな方でそのような意味では素直とも言える、好意は有難く受け取るタイプ。
基本的に人への印象はマイナスに振れることは無いものの、一度駄目だと感じればさっくりとマイナスに沈める。
逆に一度心を許した人間にはかなり甘く、出来る限り力になりたいと思う。
自分よりも他人優先が基本、けれど献身的とは言い難い。

◆雑多
夕日・夕焼け好き。好きと憧れが混ざった存在。感情で言うなら心の拠り所が一番近いとか。
以前団長を務めていた結社のあった屋上でぼんやりと夕焼けを眺める時間が一番落ち着くらしい。
夕焼けに限らず青空、海、草原など、自然の風景も好き。
花は何でも好きだけれど、大輪のものよりも小さくとも強く咲くものの方が好き。
甘いものも辛いものも分け隔て無く好き、好き嫌いとは無縁に育ったため基本的に何でも食べる。
写真を撮るのが好き、その一瞬をファインダーに収めることでそれは永遠となるから。
一眼レフは分からないので手を出していないものの、デジカメは常にカバンの中に。
撮る写真は殆どが風景写真、地味に撮り溜めては気に入ったものをコルクボードに貼ってみる。
時々自転車でふらりと撮影の旅と称して何処かに行ったりする事も。
普通免許を所持しており、叔父から譲られた軽自動車(割と新品)が愛車。
ただし大学へは殆ど公共の交通機関を利用して通学している。
以前より落ち着いてはいるものの、和柄好き。(以前は和柄マニアを自称するほど)着物好き≠和柄好き
まだまだクローゼットの一部は和柄の服が占領している。
割と衝動買いをするタイプなので、服を始めとしてアクセや本などは着実に増える日々。
印象的な瞳の色は自前、まだ能力に目覚めて余り経っていない時に視力を良くしようと試してみた呪文の副作用のようなもの。
その呪文自体は成功し視力は両目とも良い、ので掛けている眼鏡は伊達。
ヘアピンは幼い頃から付けていたもので、曾祖母からのプレゼント。大事大事に使っています。

出会えた人には常に感謝、言葉にしたりしなかったりなものの、皆大好き。
水槽でのキラキラと眩しい日々、獅子の紋章の元で深めた絆は大切で特別。
親友は全てをさらけ出せる存在、それは彼が能力者でなくなっても揺ぎ無い事実。

◆他
ICS|risette【Tangerine】/orangenoiseshortcut【微笑む天使のように】//
ICV|---

(書き足しつつもやっぱり書き途中なんですよ。)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ブログ内検索
フリーエリア

Powered by Ninja Blog    Photo by Rain drop    Template by TKTK-blog
Copyright (c)橙雫. All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]